クレジットカード現金化の手数料とは?

クレジットカード現金化の手数料について今回はご説明いたします!

クレジットカード現金化する際、やはり一番気になるのが、

どれくらい手数料がかかるか?“という点だと思います。

クレジットカード現金化の業者もビジネスとしてやっているので利益がなければいけません。

初めて利用される方は、実際どれくらい手数料が引かれて、どれくらい振り込まれるのかという点は未知だと思います。

はっきりいって、現金化業者のホームページに記載されていることがすべてではありません!

やはりこれはクレジットカード現金化に限らず、どの業界もできるだけ良く見せたいというのがあると思います。

今回はそのクレジットカード現金化の手数料の真実をご説明していきます。

クレジットカード現金化手数料の詳細

クレジットカード現金化手数料の詳細

クレジットカード現金化手数料の詳細についてまずがご説明します。

私たちは日頃から様々なサービスを受ける際に、色々な手数料を支払っています。

例えば電車に乗ったら乗車賃が発生します。

これも要は、電車に乗せてもらった・電車を運転してもらったということに対しての手数料を払っているわけです。​

手数料を支払うという意味でこれはクレジットカード現金化も同じです。​

クレジットカード決済をしてもらった、商品を買取してもらったなどのことに対して現金化業者へ手数料を支払わなければなりません。

ただ一口に手数料といってもどういう経費がかかっててこういう手数料になっているのかという点は知らない方が多いと思います。

クレジットカード現金化業者によって差し引かれる手数料や名目は違いますが、様々な手数料が掛かっていてその手数料によって換金率が大きく変わっていきます。

では、クレジットカード現金化にはどういった手数料があるのか詳細についてご紹介します!

クレジットカード決済手数料

クレジットカード決済手数料

クレジットカード決済手数料というのをご存知でしょうか?

クレジットカードを利用する際に現金化業者は、カード決済代行業者というところと契約をしてクレジットカード決済が即日で出来るようになっています。

現金化業者が直接クレジットカード会社と契約している訳ではなく、間に決済を代行してくれる業者が入っているということです。​

決済代行業者を通しているのでそこに支払う手数料が、クレジットカード現金化の決済手数料となります。​

これに関しては全国どこのクレジットカード現金化業者も同じ方法で、直接クレジットカード会社と契約をしているところはありません。

​直接、現金化業者とカード会社が契約をしてしまえば、それはクレジットカード現金化を黙認することになってしまうという理由もあるからだと思います。

だいたい3%~20%前後は手数料がかかっていると思います。

これは業者や利用するクレジットカードによって変わりますが、クレジットカード現金化はグレーな業態でもあるので、基本は通常より高い決済手数料を代行業者に支払っています。

振込手数料

振込手数料

振込手数料、これは誰でも聞いたことがある手数料だと思います。

クレジットカード現金化をした現金を業者が利用者に振り込む際に発生する手数料です。

現金化業者も最近では法人化しているところも多く、そうなると振込手数料も法人料金になるので意外と高いのです。

金額の大小で振込手数料も決まるのですが、法人価格だと1回の振り込みで500円~600円近くになることもあるらしいです。

けっこう高いですよね!

購入商品の送料

購入商品の送料も必ずかかります。

クレジットカード現金化する際に何か物を購入しなければ、クレジットカードのショッピング枠は利用できません。

ですので、クレジットカード現金化をする際は必ず何かしらの商品を購入します。

この手数料はその購入した商品の送料ということなります。

なぜ商品の送料がかかるのかというとクレジットカード現金化は購入した商品が利用者に届く、もしくは業者間で送られるのでその送料がかかってきます。

商品をどこに送るのかで送料も変わってきますので利用する現金化業者次第なところもあります。

送料無料というところもあれば、送り先によって2,000円~3,000円なんてこともあります。

また、利用するクレジットカード現金化の方法によっても変わってきますので詳しくは下記ページをご覧ください。

関連記事

クレジットカード現金化の方法について詳しくご説明いたします!クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法や種類はいくつかあります。その中で大きく2つに分けると、『キャッシュバック方式』と『買取方式』です。この2[…]

クレジットカード現金化の方法と仕組み

新規登録手数料

新規登録手数料

新規登録手数料って他の業種でもよくあるやつですね。

まぁひと言でいってしまうと新規のクレジットカード現金化利用者はどうしても手間や説明に時間がかかってしまうのでその分の手数料を頂きますよ、ということだと思います。

これは基本ない業者の方が多いような気がします。

ある場合はだいたい5,000円~20,000円前後が多いような気がします。

事務手数料

事務手数料

この事務手数料も上記と同じで、最初だけかかりますよ、というものだと思います。

事務手数料はクレジットカード現金化の利用金額の何%と提示してくる業者もあるようです。

ただこれも上記と同じく、ない現金化業者の方が多い気がします。

ある場合でも、こちらは新規登録手数料よりは少し安く設定しているところが多く、3,000円~10,000円前後ですね。

消費税

消費税

これは税金なので正直手数料ではないですね(笑)

クレジットカード現金化も商品を購入するので、その商品に消費税は絶対にかかってくるものです。

そしてクレジットカード現金化業者もきちんと納めているものなので、消費者側もしっかり支払わなければなりません。

消費税もはもちろん10%です。

クレジットカード現金化手数料の真実!

クレジットカード現金化手数料の真実!

クレジットカード現金化手数料の真実!という点についてご説明します。

手数料の詳細がわかったところで、次は実際にその手数料がどれくらい換金率に影響を及ぼしているのかをご紹介していきたいと思います。

中には実際はかかっていないのに、言い訳のために使われる手数料もあります!

そういう悪質な違法現金化業者の言い訳にだまされないためにもぜひ参考にしてみて下さい。

ただ、先に結論からいうと利用する現金化業者次第という点はどうしても否めないところもあるので予めご理解下さい。

クレジットカード現金化の本当にかかる手数料

クレジットカード現金化の本当にかかる手数料

“クレジットカード現金化の本当にかかる手数料”についてまずはご説明いたします。

上記で説明した中だと、

・クレジットカード決済手数料

・振込手数料

・購入商品の送料

・消費税

少なくともこの4つは間違いなくクレジットカード現金化で実際にかかっているものです。

これなしでクレジットカード現金化をする方法はありません。

逆にこの手数料のどれかがない場合は、クレジットカード現金化の方法的におかしくなってしまうのでそういう現金化業者がもしあれば利用は避けた方が良いかもしれません。

ただ、ひとつ振込手数料に関しては来店型のクレジットカード現金化業者の場合、現金を手渡しということもありえるのでそこだけは例外ですね。

クレジットカード現金化の嘘の手数料

クレジットカード現金化の嘘の手数料

次に本当はかかっていないのに、クレジットカード現金化業者が多くの利益を出したいがための言い訳に使われていることの多い手数料に関してご紹介いたします。

・新規登録手数料

・事務手数料

・システム利用手数料

・情報提供手数料

などがよく言い訳に使われることが多い名目です。

「換金率95%とHPに記載があったのに、実際問い合わせたら60%だった!」

理由を聞くと、”換金率とは別に新規登録手数料とシステム利用料がかかるのでこの金額になる”と言われたなんてこともよくあります。

これらの名目を言い訳に換金率を下げてくる違法な悪質現金化業者があるのでお気を付け下さい!

基本的にこういうことを言ってくる現金化業者は、換金率が悪くてHPにはそのような記載が一切ないところが多いので注意してください。

クレジットカード現金化の手数料まとめ

クレジットカード現金化の手数料まとめ

クレジットカード現金化の手数料についてご紹介していきました。

ある程度のクレジットカード現金化の手数料の仕組みやなぜ換金率というものがあるのかということについてお分かりいただけたのではないでしょうか?

上記でも説明したとおり、決済手数料や商品の送料というのは本当にかかる経費です。

なので、現金化業者がそういう旨を説明をしてきた場合は本当の話しなんだなということで聞いてもらえれば大丈夫です。

逆に、よく意味の分からない名目の手数料を言い訳に換金率を下げてくる現金化業者は絶対に利用しないように注意して下さい。

違法なクレジットカード現金化業者はっきりと見分ける方法というのはないので、色々な比較サイトや口コミをみて最後はご自身で判断して下さい。

クレジットカード現金化の違法な悪質業者についての詳細は下記ページをご覧ください。

関連記事

クレジットカード現金化の違法悪質業者に注意する点についてご紹介していきたいと思います。クレジットカード現金化と聞いて皆様どのようなイメージをお持ちでしょうか?悪いイメージは全くないという方ももちろん中にはいると思います。[…]

最新情報をチェックしよう!