入金を分割してくる違法クレカ現金化業者には注意!

入金を分割してくる違法クレカ現金化業者には注意!という点についてご紹介いたします。

クレジットカード現金化は、手間をかけずに即日現金を手に入れることができるのが最大メリットだと思います。

通常のクレジットカード現金化はカード決済をしたその日に1回で全額振り込まれます。

時間帯や銀行口座によって、着金が翌日になる場合はありますが、振り込みの回数は基本的に1回です。

ですが、まれに複数回に分けて振り込みをする業者も存在します。

複数回に入金を分けるというのは、例えば今日半分で残り半分はまた明日振り込むといったように二回以上に振り込みを分ける形です。

なぜ複数回にわける必要があるのか、そのような業者を利用した場合のデメリットはあるのか、という点を解説していきたいと思います。

クレジットカード現金化の違法悪質業者の手口!

クレジットカード現金化の違法悪質業者の手口!

クレジットカード現金化の違法悪質業者の手口についてまずはご説明いたします!

基本的にクレジットカード現金化は、クレジットカードで指定商品を購入し、その商品を売却して現金が振り込まれる買取方式とキャッシュバック付き商品を購入したおまけで現金が振り込まれるキャッシュバック方式の二つとなります。​

その中で、違法現金化業者の手口のひとつとして入金を数回に分けるというのがあります。

これは単純に振り込みが何回か分けて行われるので、即日全額は入らないということになります。

例えば買取方式の場合、10万円で買い取ると言われたので売却したのに、

”その買取金額は2万円ずつで5分割にして振り込む”

という感じです。

そんなことを言われても、納得する方はいないですよね。

キャッシュバック方式の場合でも、10万円キャッシュバックされるから購入したのに、入金は分割でなんてことは常識的に考えておかしいです。​

そして分割で振り込むことはクレジットカード現金化業者にとっても、基本デメリットしかありません。​

なぜなら単純に振り込むという作業の回数が増えるので手間と時間がかかりますし、振込手数料も1回ごとにかかるのでその分の現金化業者の利益が減ります。​

数百円の振込手数料とは言え、ビジネスでやっている業者側が簡単に利益を減らすなんてことはありえません。

利用者、現金化業者、なんのお互いにメリットはありません。​

ではなぜ複数回に分割して振り込みをする現金化業者がいるのでしょうか?

それは単純に複数回に分けるというテイにして、結局は振り込まないという違法な詐欺行為をしようとしているからだと思われます!

仮に全5回で入金すると言われたとして、最初の1~2回はきちんと振り込みをして安心をさせてその後音信普通になるというパターンが違法現金化業者の手口です。​

初めは金額なども話した通りで、きちんと振り込まれるのでそこで安心しきってしまい被害にあってしまう方が多いようです。

なので絶対に、入金を分割させてくれと言ってくるクレジットカード現金化業者っは利用しないで下さい。違法な悪質業者の可能性があります。

入金を分割するのと決済を分割するのは違う!

入金を分割するのと決済を分割するのは違う!

“入金を分割する”のと”決済を分割する”のは違う!という点についてご説明いたします。

入金を分割してくる違法業者に注意!という話しをしましたが、ここで決済を分割する業者にも注意が必要だと勘違いされてる方がけっこう多いです。

ここで勘違いしてほしくないのが、違法業者が複数回に分割するというのは入金のことです。

クレジットカード決済は全額終わっているのにも関わらず、入金だけ分割で数日に分けて行ってくる業者に注意ということです!

入金と決済は全くの別ものであり、分割する意図も全く違ってきます。

なのでクレジットカード決済を分割する業者は、違法ではありませんのでまずそこはご安心して下さい!

クレジットカード決済を分割にする理由は?

クレジットカード決済を分割にする理由は何なのってなると思いますのでご説明いたします!

入金ではなく、クレジットカード決済を分割して行うということは、クレジットカード現金化においてよくあることです。

じゃなぜ、カード決済・お買い物を分割して行うかと言いますと、​簡単に言うと高額の現金化の場合や商品の個数の関係で分割して決済をせざるを得ない状況だからです。

なのでこの場合は全く違法な詐欺行為とは違うのでご安心下さい!

1日で高額なお買い物をしてしまうと、どうしても決済が目立ってしまう可能性が高く、カード会社から確認の電話が入って現金化を疑われる場合があります。

そういったことを事前に防ぐために、クレジットカード決済・お買い物を複数回に分ける場合があります。

決済は数日に分けて行う場合もあれば、分割しても当日に全て終わる場合もあります。

ひとつ例をあげますと、合計100万円のクレジットカード決済で現金化の入金額が80万円だったとします。

クレジットカード決済金額 100万円

業者からの入金額合計 80万円

このお買い物を2日間に分けたとして、1日目は50万円の決済をして入金額は40万円。​

1日目

クレジットカード決済金額 50万円


業者からの入金額合計 40万円

2日目は残り半分の50万円を決済し、残りの40万円が入金。

2日目 残り半分

クレジットカード決済金額 50万円


業者からの入金額合計 40万円

1日目の時点では50万円しかカード決済をしていないので、その決済分に対して振り込みが40万円となっている訳です。

この場合は、決済ができた分に関しての入金はきちんとその日に1回ですべて振り込まれています。​

こういったケースの場合は違法な詐欺業者ではなく、むしろ安全にクレジットカード現金化行ってくれる優良店だと思うのでご安心ください。​

​なぜなら2日や3日にカード決済を分けたところで、現金化業者の利益は一切変わりません

それなのに時間と手間をかけて、お客様のことをしっかり考えてくれている優良店だということが言えるのではないでしょうか!

とにかく違法な詐欺業者とは正反対ですね。

カード決済が全て終わっているかがカギ!

先の説明で、決済を分けて行うことは逆に良いことというのが分かったと思いますが、「入金を分ける」と「決済を分ける」このふたつどちらも分割ということで少し分かりづらい部分もあると思います。

両極端の意味なので間違える方がでないように、さらに見分けるおすすめのポイントをひとつご説明いたします。

それは、”カード決済がすべて終わっているかどうか”という点です!

一概には言えませんが、カード決済はすべて終わっているのに入金は分割で複数回という場合は確実に注意が必要になってくるかと思います。

そういったケースの場合は、違法な詐欺業者の可能性が高いです。

クレジットカードは切り終わっているのに、入金は後回しというのは誰がどう考えてもおかしいですよね。

基本はカード決済が終わっていればその分は、その日にすぐ入金してもらえるので、クレジットード決済が全て終わっているかいないかという点に注目してみて下さい。

入金を分割してくる違法クレカ現金化業者には注意まとめ!

入金を分割してくる違法クレカ現金化業者には注意まとめ!

入金を分割してくる違法クレカ現金化業者には注意!という点についてご説明いたしました。

結果、決済が終わっているのに入金を分割するということに関して特別な理由が考えられないので、そういう業者は悪質と決めつけて良いのかと思います。

ただ、勘違いしやすいので何度も言いますが、あくまでクレジットカード決済が終わっている場合に限ります。

カード決済が終わっていないのに、入金がされないと言い出したらそもそも話しがおかしくなりますからそこは勘違いなさらないように気を付けて下さい。

ひとつ例外として、利用する現金化のプランでカード決済をして入金までに日数がかかる場合があります!

日数を要することで換金率が良くなるプランです。

そういった場合は全く話しが変わってきますのでその点については予めご注意ください。

必ずクレジットカード現金化業者を利用する際は申込みをした時点で、いつ頃に入金されるのかを確認しておきましょう!

たったそれだけで悪質な業者を避けることができますし、スムーズに快適なクレジットカード現金化ができるはずです!

最新情報をチェックしよう!